NKP Big Band

2011年05月25日

充実の一日

2011年5月22日(日)の「東日本巨大震災被災地復興にむけたチャリティー・ジャズ・コンサート」は大盛況でした。

この日は9時に現場入りしセッティング、リハーサルとなりました。

リハーサルの後休憩時間に、コンサートの終わりに共演する東温高校吹奏楽部の女の子が楽屋訪問に来てくれました。
彼女たちは私達の演奏に興味を持ってくれたようです。スケジュールの関係で少しでしたがお話しすることが出来ました。
世代やジャンルは違えど、音楽を通じて交流を持つことが出来るんですね。
嬉しかったです。


さて、13時半に開演。
前半は川内中学吹奏楽部の後にNKP Big Band、後半は東温高校吹奏楽部の後にNKP Big Bandという2部構成でした。
中高生の純粋で一生懸命な演奏の後ですから、我々もそれに応えるように演奏しました。
ステージ上の暑さに負けないように熱く演奏しました。

フィナーレには中学生、高校生、NKPBBの3グループで合同演奏しました。
みんな沢山練習してくれてたみたいで、とてもいい演奏になりました。まさに感動ものでした。
お客さんも楽しんでいただけたようでした。


夜はスケジュール通り全体練習でした。
29日の松山市でのチャリティコンサート、それから6月2日の単独ライブの為のおさらいが中心です。
ここで昼間の発汗により蓄積された疲労がピークになるんですよ。
終始和やかに練習は進んでいったんですが、時間と共にみんな目が笑わなくなりました。
私も、この辺りから脳裏にはビールしか浮かばなくなるわけですが…。
でも出来るだけ丁寧に進めました。
18時半から21時半までみっちりやりましたよ。

以上がNKPBBの長く充実の一日の全貌です。


そして帰宅したのが22時。
クタクタでした。
にもかかわらず生ビール飲みたくて居酒屋に行ったのは、メンバーにも秘密です。


最後になりましたが、
今回のコンサートの関係者の方々、そしてご来場頂いた方々、本当にありがとうございました。
この日に寄せられた義援金は178,540円とのことで、日本赤十字社を通じて被災地に送られるそうです。


-- この日の演奏曲 --
<前半>
Strike Up the Band
And That's That
New Rochelle
Take the A Train

<後半>
Art of the Big Band
Always and Forever
The Dance of Denial
Fun Time

<合同演奏>
ルパン3世のテーマ
Sing, Sing, Sing
posted by NKPBB at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。